新潟市西区の歯医者、新潟西歯科クリニック|義歯(入れ歯)

今お使いの入れ歯が合わない・新しく作り直したいなど、義歯(入れ歯)に関するお悩みがある方は「新潟西歯科クリニック」に是非ご相談ください。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)イメージ写真 皆さんは今お使いの入れ歯に満足できていますか?
違和感があっても「噛めればよい」ではなく、「しっかり噛むことができる」ことが大切です。
咬み合わせは、口の中だけでなく、後に全身に悪影響を及ぼします。
入れ歯を検討している方はもちろん、少しでも使用中の入れ歯に違和感がある方はお気軽に当院へご相談ください。

「噛む」ことの重要性

1.むし歯・歯周病予防 唾液の分泌がよくなり、唾液に含まれる免疫物質が細菌を減少させるため、口腔内の清潔が保たれ、むし歯や歯周病の予防に繋がります。
また、消化酵素のアミラーゼを含む唾液の分泌を促し、胃腸での食べ物の消化吸収を促進します。

2.脳を刺激、活性化 噛むという作業により、頭部の骨や筋肉が動き、血液の循環がよくなることで脳神経が刺激され、脳の働きが活発になり、認知症の予防に繋がります。

3.がんや老化を予防 唾液に含まれる「ペルオキシターゼ」というたんぱく質には、発がん性物質の発がん作用を抑える働きがあります。 「ペルオキシターゼ」には、身体に悪影響を与える活性酸素を抑制する働きもあるので、よく噛むことで老化防止になります。

このようなお悩みは
ございませんか?

  • ガタガタして安定しない
  • 噛むたびに浮き上がり、外れる
  • 入れ歯が歯肉に当たって、痛くて噛めない
  • 食べたものが入れ歯の中に入ってしまう
  • 軟らかいものしか食べられない
  • しゃべりにくく、外れやすい

当院では保険適用から保険適用外のものまでご用意しております。
ご予算やご希望に応じた入れ歯をご提案いたします。

入れ歯(義歯)の種類

部分入れ歯

部分入れ歯の写真 歯が一部欠損したときに装着する入れ歯で、支えとなる最後の一本でも残っている場合に使用します。
抜歯後の粘膜に人工歯のついた床(歯茎や粘膜と接し人工歯を支える部分)を乗せて支え、残った歯にバネをかけて安定させます。

総入れ歯

総入れ歯の写真 上下顎、あるいは上顎・下顎どちらかの全ての歯を失った方が装着する入れ歯です。
外科手術が必要ないため、治療に対するリスクが少なく、ほとんどの症例に対応が可能です。

当院で扱う入れ歯(義歯)

レジン床義歯保険

レジン床義歯の写真 保険適用の入れ歯の場合、アクリルレジンと呼ばれるプラスチックの樹脂が使用されています。
部分入れ歯には、歯列内に固定するためのクラスプと呼ばれるバネが備え付けられているのですが、保険適用内の入れ歯では、このクラスプが金属製となっています。

金属床(チタン)義歯自費

金属床(チタン)義歯の写真 チタンは軽く非常に丈夫な金属なので、保険診療の入れ歯より薄く軽いのが特徴です。
熱伝導が高く薄い造りなので、お食事の温度を感じやすくなります。

金属床(コバルトクロム)義歯自費

金属床(コバルトクロム)義歯の写真 チタンほど軽くはありませんが薄く、丈夫な軽い入れ歯です。
金属床の中では価格を抑え、味わう楽しさを実感していただきやすい材質です。

ノンクラスプデンチャー自費

ノンクラスプデンチャーの写真 歯肉の色に近く弾性の高い樹脂でできています。
審美性が高く、歯に固定するためのクラスプ(金具、バネ)を必要としないため、部分入れ歯を装着していることにほとんど気づかれません。