矯正治療で発生する場合がある金属アレルギーの症状について

矯正治療を行う際の装置には、可能な限り金属アレルギーが起こりにくい素材が使用されます。

しかし、敏感な方に関しては、必ずしも症状が出ないとは断言できません。

ここからは、矯正治療で口内や皮膚に発生する可能性がある、金属アレルギーの症状について解説したいと思います。

〇口内炎

矯正治療で発生する可能性のある金属アレルギーの症状としては、まず口内炎が挙げられます。

一般的に知られている口内炎は、円形や楕円形の白っぽい潰瘍であるアフタ性口内炎ですが、矯正治療によって発生する可能性があるのは、アレルギー性口内炎と呼ばれるものです。

こちらは文字通り、金属が刺激となってアレルギー反応を起こす口内炎で、口内の痛みだけでなく、手足の腫れやかゆみが出ることもあります。

これまで一切症状がなかったにも関わらず、矯正治療を始めた途端に上記のような症状が出始めた方は、すぐに歯科クリニックに相談してください。

〇唇の腫れ

矯正治療で金属アレルギーが起こると、唇が腫れ上がることも考えられます。

こちらは、矯正装置が口内に入ってから1~2日ほど経過したときに起こるものであり、唇の違和感やヒリヒリとした痛みを伴います。

基本的には、下唇の全体または一部のみが硬く腫れることが多いですが、稀に顔全体が腫れてしまうケースもあります。

また、症状がひどい場合、こちらが原因で呼吸困難になったり、血圧低下などを伴うアナフィラキシーショックを引き起こしたりすることも考えられるため、注意が必要です。

そのため、矯正治療中は少しの腫れも見逃してはいけません。

〇皮膚炎

矯正治療に使用する装置は口内に装着するものですが、金属アレルギーの症状は口内や口周りだけで発生するわけではありません。

口内炎の項目でも少し触れましたが、金属アレルギーは全身に起こる可能性があり、その際の症状の1つに皮膚炎が挙げられます。

皮膚炎は、全身の至る所で発生する赤みやかゆみ、湿疹のような症状であり、唾液で溶け出した金属が全身に吸収されることによって起こります。

また、こちらの症状が手足や背中、首回りやお腹などにまで広がると、かゆさで仕事や学業、睡眠などの日常生活にも支障をきたしてしまうおそれがあります。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・矯正治療を受けることにより、アレルギー性口内炎の症状が出る場合がある

・矯正治療で金属アレルギーが起こると、唇が硬く腫れ上がることも考えられる

・矯正治療に伴う金属アレルギーで皮膚炎を発症すると、かゆみにより日常生活に支障をきたす場合がある

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。