インプラント治療前にタバコを吸うことの影響について

インプラント治療後にタバコを吸うことにより、人工歯根が定着しにくくなったり、細菌感染するリスクが高まったりするおそれがあります。

では、治療前からタバコを吸っている方は、果たして治療を受けられるのでしょうか?

また、加熱式タバコであっても、与える影響は同じなのでしょうか?

今回はこれらの点について解説します。

〇インプラント治療前からタバコを吸っている場合、治療は可能?

インプラント治療を受ける前には、歯科クリニックにおいてカウンセリングが実施されます。

このとき、治療を受けようとする方に喫煙習慣があると判明した場合、インプラント治療をすぐに始めることができません。

なぜなら、インプラント治療は人工歯根と骨を癒合する治療であり、タバコはその癒合を阻害するおそれがあるからです。

特に、数十年もの間タバコを吸い続けてきたという方は、治療がうまくいかないリスクが高く、直前にだけ禁煙をしたからといって、すぐ治療に取り掛かることはできません。

ちなみに、長年タバコを吸っている方は、歯周病を疾患として持っているケースも多く、こちらを先に治療しなければいけないことも、すぐインプラント治療に着手できない理由の1つです。

〇加熱式タバコでも与える影響は同じなのか?

一般的なタバコは、タバコの葉と巻紙に直接点火しますが、加熱式タバコは、タバコの葉を加工したものに熱を加えてエアロゾル(霧状の粒子)を発生させ、その中に含まれるニコチンを吸うものです。

また、加熱式タバコは、紙巻きのタバコよりも健康被害が少ないというイメージがありますが、インプラント治療に悪影響を及ぼさないのかというと、決してそのようなことはありません。

なぜなら、加熱式タバコにも紙巻きタバコと同じように、ニコチンが含まれているからです。

先ほど、タバコはインプラントの癒合に悪影響を与えるという話をしましたが、こちらは正確にいうと、タバコに含まれるニコチンによる影響です。

ニコチンは、口腔内の血流を悪化させたり、細菌に対する抵抗力を下げたりすることにより、骨や歯茎が下がる原因となります。

よって、加熱式タバコを吸っている方がインプラント治療を受けても、人工歯根の寿命は短くなりやすいです。

〇まとめ

今回の記事のポイントは以下になります。

・インプラント治療前にタバコを吸っている方は、すぐに治療を受けることができない

・長年の喫煙により歯周病を患っている方は、インプラントより先に歯周病治療を受ける必要がある

・加熱式タバコには紙巻きタバコと同じくニコチンが含まれるため、インプラント治療には悪影響を与える

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。