食事の際に咀嚼音が鳴りやすくなる主な原因について

普通に食事をしているつもりであっても、無意識のうちにクチャクチャと音が鳴っている方がいます。

こちらは “クチャラー”と呼ばれ、お世辞にもマナーが良いとは言えず、周囲に不快な思いをさせてしまうことがあります。

ここからは、食事の際に咀嚼音が鳴りやすくなる主な原因について解説します。

〇主な原因は噛み合わせの悪さ

食事の際に咀嚼音が鳴りやすくなる主な原因としては、やはり噛み合わせの悪さが挙げられます。

前歯が前方に突出していたり、下顎が受け口の状態になっていたりする方は、きちんと唇を閉じて咀嚼するのが難しく、どうしても音が鳴りやすくなります。

また、噛み合わせのバランスが悪い場合、噛みやすい部分に歯をずらしながら食べるようになり、こちらが咀嚼音につながることもあります。

もちろん、このような方でも音を立てずに食べることは可能ですが、強く意識していなければ、自然と口を開けてしまう傾向にあるため、注意しなければいけません。

〇舌や口の筋力不足も原因の1つ

食事の際に咀嚼音が鳴ってしまう原因には、舌や口の筋力が不足していることも挙げられます。

口の周りには口輪筋という筋肉がありますが、こちらの力が弱い方は食事中口呼吸になりやすく、口が開いている状態で咀嚼するため、音が鳴りやすくなります。

また、舌の筋肉が弱い方は、舌で口内に食べ物を運ぶ際、クチャクチャという音が出やすくなります。

こちらは、舌を口内で前後、左右、上下にうまく動かしながら食べ物を運ばないと、口を閉じたまま咀嚼するのが難しくなることが原因です。

〇子どもの頃の環境が原因の場合もある

噛み合わせが良く、なおかつ舌や口周りの筋力も問題ないにもかかわらず、食事の際に咀嚼音が鳴ってしまうという方は、子どもの頃の環境が原因かもしれません。

小さな子どもは、基本的に口が開いている状態で食事をしますが、年齢を重ねるにつれて、こちらは徐々に矯正されていくものです。

しかし、以下のような環境で生活してきた方は、口が開いている状態が大人になっても続きやすく、簡単に音を立てる癖を治すのが難しい可能性があります。

・親や兄弟などがクチャクチャと音を立てていた
・テレビを観ながら、しゃべりながら食事を摂る習慣があった など

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・クチャラーはマナーが悪く、周囲に不快な思いをさせてしまうことがある

・噛み合わせが悪い方は、食事の際にクチャクチャと咀嚼音が鳴りやすくなる

・舌や口の筋力不足も、食事の際に咀嚼音が鳴ってしまう原因の1つ

・子どもの頃の環境によっては、大人になってもなかなか音を立てる癖が治らない

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。