子どもが歯磨きを嫌がってしまう主な理由について

しっかりと歯磨きをしなかった場合、子どもも大人と同じように、口内に歯垢や歯石が溜まり、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。

また、子どもの中には、歯磨きを嫌がり、なかなか親御さんの言う通りに磨こうとしない子もいます。

ここからは、子どもが歯磨きを嫌がってしまう主な理由について解説します。

〇口内に歯ブラシが入ることに抵抗がある

子どもが歯磨きを嫌がる主な理由としては、まず口内に歯ブラシが入ることに対し、抵抗を感じていることが挙げられます。

大人にとって歯ブラシは、これまで何度も口に入れてきたものであるため、それほど抵抗はありませんが、子どもにとっての歯ブラシは、これまで口に入れてきたものとは異なる得体の知れないものです。

そのため、慣れるまでは気持ち悪い感覚が続き、このような思いをしたくないという理由から、なかなか自主的に歯磨きをしようとしないことがあります。

〇口を開け続けるのを苦痛に感じる

子どもが歯磨きを嫌がってしまう理由としては、長時間口を開け続けるのが苦痛だということも挙げられます。

歯磨きの際には、最低でも数分間は口を開けていなければいけませんが、このようにすることで、口内には少しずつが溜まっていきます。

大人の場合、唾が溜まればすぐに吐き出すことが可能ですが、まだ幼い子どもはそれができず、息苦しさを感じてしまい、それが次第に歯磨き自体への嫌悪感につながります。

また、歯磨きの際に長時間口を開け続けることにより、顎が痛くなったり、疲れたりすることを嫌う子どもも少なくありません。

〇歯磨きの際の親御さんに恐怖心を抱いている

子どもが歯磨きを嫌がる理由としては、歯磨きの際の親御さんに恐怖心を抱いていることも挙げられます。

親御さんの中には、何とか子どもに歯磨きをしてもらうために、無理やり押さえつけたり、怒ったりしている方もいるかもしれませんが、こちらはあまり良いことではありません。

このようにすると、子どもは“歯磨き=親御さんが怖くなる”というイメージを持ってしまい、トラウマになります。

そのため、親御さんは歯磨きの重要性を伝え、あくまで自主的に磨かせることが大切です。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・子どもは歯ブラシが口に入る感覚に嫌悪感を抱き、歯磨きを避けてしまうことがある

・幼い子どもは唾を吐き出すことができないため、歯磨きで口を開け続けることに抵抗感がある

・口を開け続けることによる顎の負担を嫌う子どももいる

・歯磨きの際、親御さんが怖くなると、子どもにトラウマを植え付けてしまう可能性がある

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。