子どもの口内炎を防止するためにはどうすれば良い?

一度口内炎ができてしまうと、食事の際はもちろん、何もしていないときでも、口内にズキズキとした痛みを感じることがあります。

また、こちらが子どもの場合、痛みで泣いてしまったり、ぐずったりしてしまうことも考えられます。

ここからは、子どもの口内炎を防止する主な対策について解説します。

〇食事の内容に注意する

子どもの口内炎にはさまざまな原因がありますが、やはりもっとも代表的なのは栄養不足です。

栄養バランスや生活習慣の乱れにより、免疫力は低下し、口内の粘膜は弱ってしまいます。

そのため、親御さんは口内炎対策として、食事の栄養バランスを良くし、免疫力の向上に努めてください。

特に、ビタミン類や鉄、亜鉛などは効果的な栄養素であるため、以下のような食品から積極的に摂取することをおすすめします。

・ビタミンB2:レバー、納豆、きのこ など
・ビタミンB6:マグロ、焼きのり、ニンニク など
・ビタミンC:ブロッコリー、キウイ、アセロラ など
・鉄:レバー、プルーン、ひじき など
・亜鉛:牡蠣、煮干し など

〇口内のケアを徹底する

子どもの口内炎を防止するには、口内のケアを徹底することも大切です。

歯磨きが不十分であったり、口内に食べカスが残っていたりすると、細菌が増加し、虫歯だけでなく口内炎のリスクも高くなります。

そのため、親御さんは歯磨き時の仕上げ磨きを丁寧に行わなければいけません。

また、口内の殺菌が目的なのであれば、500mlの水に小さじ1杯の塩を加えた塩水でゆすぐのも効果的です。

塩水には、口内で細菌を増加させないようにする抗菌作用があり、風邪など他の病気も予防してくれます。

〇口に当たるものに注意する

子どもの口内炎を防止するのであれば、親御さんは子どもの口に当たるものに注意を払いましょう。

例えば、まだ幼い子どもの場合、哺乳瓶は必ず口の大きさに合ったサイズのものを選んでください。

サイズが小さい場合、ミルクを飲む際にいつも哺乳瓶のゴム乳首が同じ部分が口に当たり、その部分が炎症して口内炎になるおそれがあります。

また、子どもはおもちゃや生活用品など、さまざまなものを口に入れようとする傾向にあります。

そのため、子どもが興味を持ちそうなものに関しては、本来口にするものでなくても徹底的に消毒しておきましょう。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・栄養バランスや生活習慣の乱れで口内の粘膜が弱ると、口内炎ができやすくなる

・子どもの口内炎防止にはビタミン類や鉄、亜鉛などの栄養素がおすすめ

・仕上げ磨きの徹底、塩水を用いたうがいでも、子どもの口内炎は防止できる

・子どもの口に当たる哺乳瓶やその他の生活用品などにも注意を払うべき

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。