大人より子どもの方が虫歯になりやすいのはなぜなのか?

「大人は虫歯になりにくい」という話を聞いたことがある方は多いかと思いますが、虫歯は年齢に関係なく発症するため、大人だからといってなりにくいわけではありません。

ただし、子どもの方が発症のリスクが高いというのは事実です。

ここからは、大人より子どもの方が虫歯になりやすい主な理由を解説します。

〇乳歯、永久歯の違い

大人より子どもの方が虫歯になりやすい理由としては、まずメインとなる歯の種類が違うことが挙げられます。

大人の歯は永久歯であるのに対し、子どもは乳歯がメインです。

また、乳歯は永久歯に比べて脆く、虫歯のリスクも高いです。

具体的にいうと、乳歯の表面は、歯を保護する役割を持つエナメル質の量が少ない上に、細菌に対する抵抗力もそれほど強くありません。

そのため、象牙質が露出したり、熱いものや冷たいものがしみたりしやすくなります。

〇食事の内容、食べ方の違い

大人と比べて、子どもの方が虫歯になりやすい理由としては、食事の内容や食べ方に違いがあることも挙げられます。

子どもは、大人よりもお菓子が好きな傾向にあります。

中には、チョコレートやポテトチップスばかり食べてしまい、ご飯が食べられなくなる子どももいるくらいです。

お菓子のほとんどにはが含まれていて、こちらは虫歯菌の大好物であるため、摂取量が多ければ多いほど、虫歯のリスクは高くなります。

また、子どもは大人と比べて、短時間で食事を終わらせるのが苦手です。

いわゆるダラダラ食べをしてしまいがちなため、口内が酸性に傾きやすく、こちらが虫歯につながることも珍しくありません。

〇歯磨きにおける技術の差

歯磨きにおける技術の差も、大人より子どもの方が虫歯になりやすい理由の1つです。

当然のことですが、大人は自分で歯ブラシを持ち、ある程度決まった時間帯に自分で歯磨きを行います。

また、磨く場所によって磨き方を変えたり、強弱をつけたりすることができるため、意識さえすれば、歯垢や食べカスをしっかり落とすことが可能です。

一方、子どもは歯磨きの技術が高くありません。

もちろん、中には歯磨きが好きではない子どもも多く、大人と比べて磨き残しが起こりやすいため、必然的に虫歯発症のリスクも高くなります。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・大人より子どもの方が虫歯のリスクは高い

・大人の永久歯に比べて、子どもの乳歯はエナメル質の量が少なく脆い

・子どもは糖の摂取量が多く、ダラダラ食べも多いため、虫歯になりやすい

・歯磨きの技術が未熟なことも、大人より子どもが虫歯になりやすい理由の1つ

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。