電動歯ブラシを使用することのメリット・デメリット

虫歯予防における基礎中の基礎と言えば、やはり毎日行う歯磨きです。

歯磨きで歯垢を落とさなければ、虫歯菌は口内から除去されません。

このとき、普通の歯ブラシを使用する方もいれば、電気で自動的に動く電動歯ブラシを使用する方もいます。

今回は、電動歯ブラシを使用することのメリット・デメリットについて解説します。

〇電動歯ブラシを使用するメリット

電動歯ブラシのメリットとしてまず挙げられるのは、なんといっても歯磨きの効率が良いことです。

高速で動く電動歯ブラシは、人の力では不可能な速さで、多くの振動を歯に与えてくれます。

よって、手動の歯磨きでは落とすのに何分もかかるような汚れであっても、短時間で落とすことが可能です。

また、簡単に歯垢を落とせるという点も、電動歯ブラシのメリットとして見逃せません。

しっかりブラシ部分を歯に当てさえすれば、力の弱い高齢の方や子どもであっても、十分な虫歯予防ができます。

その他、電動歯ブラシには、手が疲れにくいというメリットもあります。

通常の歯ブラシの場合、歯垢を落とすには前後左右に激しく手を動かさなければいけません。

一方、電動歯ブラシの場合、毛先を一定の位置に固定し、スライドさせるだけで歯を磨くことができます。

〇電動歯ブラシを使用するデメリット

電動歯ブラシは、虫歯予防を行うにあたって非常に便利なアイテムですが、多少なりとも使用するデメリットはあります。

まず、もっともわかりやすいデメリットとして挙げられるのは、単純に価格が高いという点です。

普通の歯ブラシは、安ければ100円前後でも購入できるのに対し、電動歯ブラシは数千円~数万円が相場となっています。

また、当然のことですが、電動歯ブラシは電池または電力がなければ動作しません。

普通の歯ブラシのように、そのまま手動で使うこともできますが、電池や充電が切れてしまわないように注意する必要があります。

その他、電動歯ブラシには、知らず知らずのうちに自身の歯、歯茎を傷つける可能性もあります。

特に、研磨剤入りの歯磨き粉を使用してしまうと、汚れを落とす力が強すぎて、傷つくリスクは高まってしまいます。

そのため、電動歯ブラシで磨く場合は、必ず研磨剤無配合の歯磨き粉を使用してください。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・電動歯ブラシは歯磨きの効率が良く、誰でも簡単に歯垢を落とすことができる

・自動で動くため手が疲れないというところも、電動歯ブラシのメリットの1つ

・通常の歯ブラシに比べて価格が高いのはデメリット

・電動歯ブラシで歯磨きをすると、知らない間に歯や歯茎を傷つけるおそれがある

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。