虫歯予防に効果的なガムの正しい選び方について

歯磨きの徹底もさることながら、生活の中で様々な工夫をすると、虫歯発症のリスクは低下していきます。

そんな工夫の1つに“ガムを噛む”ことが挙げられますが、果たして、虫歯予防を行う場合は、どのようなガムを選べば良いのでしょうか?

ここからは、ガム選びのポイントを3つ、ご紹介しましょう。

〇キシリトール含有量50%の商品がおすすめ

虫歯予防としてガムを噛むのであれば、まず、キシリトール含有量が50%を超える商品を選びましょう。

キシリトールとは、ソルビトールやマルチトールと同じ糖アルコールという甘味炭水化物の仲間をいいます。

自然界では多くの果物や野菜に含まれていて、こちらには以下のようなさまざまな虫歯予防効果があります。

・唾液分泌の促進
・再石灰化作用
・歯垢中の酸の中和促進
・ミュータンス菌の代謝の阻害 など

全体の50%以上キシリトールが含有されているガムを選ぶことで、初めて虫歯予防に十分な効果を発揮すると言われています。

逆に、含有量がそれ以下の場合、効果は薄れてしまうため、成分表はよく確認しておきましょう。

〇糖類、酸性物などが含まれていないものを選ぼう

虫歯予防としてガムを噛む場合、糖類や酸性物などが含まれていないものを選んでください。

せっかくキシリトールが豊富に含まれているガムを選んでも、虫歯菌の大好物である糖類が含まれていると意味がありません。

その他、クエン酸や果汁などの酸性物が含まれているガムも、口内が酸性になり、虫歯のリスクを高めてしまうため、避けるのが無難です。

パッケージの裏面を見て、成分表に“糖類0g”と記載されている場合、一切糖類は含まれていないことがわかります。

〇コスパを考えるなら粒ガムがおすすめ

虫歯予防としてガムを購入する場合、コスパを考えるのであれば、板ガムよりも粒ガムを選びましょう。

こちらは直接、虫歯予防に関係することではありませんが、毎日のように噛むガムを購入するのであれば、なるべくお得なものを選びたいものです。

粒ガムには、お得な大容量のボトルも数多く販売されているため、一度商品のラインナップをチェックしてみましょう。

ちなみに、同じ商品の粒ガムと板ガムがある場合は、グラム数や価格を比較し、どちらのコスパが良いかを判断してください。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・虫歯予防としてガムを噛む場合、キシリトール含有量50%の商品を選ぶべき

・糖類や酸性物などが含まれていないものを選ぶのもポイント

・成分表に“糖類0g”と記載されている商品は、一切糖類が含まれていない

・大容量ボトルで販売されている粒ガムは、コスパが良いことが多い

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。