虫歯予防として積極的に摂取すべき栄養素と食品

歯は、食生活における栄養バランスが良いと、必然的に強くなります。

日頃から虫歯を防ぐには、歯磨きの徹底だけでなく、予防効果のある栄養素を摂取するのもまた、有効なのです。

今回は、虫歯予防として積極的に摂取すべき栄養素と、それらが含まれる食品について解説します。

〇カルシウム

虫歯予防として摂取すべき栄養素には、まず“カルシウム”が挙げられます。

歯を構成する主な組織である象牙質は、そのほとんどがカルシウムで形成されているため、毎日積極的に摂取しなければいけません。

そして、カルシウムは歯の表面にあるエナメル質の再石灰化においても、非常に重要な役割を果たします。

再石灰化とは、溶けたエナメル質の部分を修復し、強い歯に戻してくれる働きをいいますが、カルシウムにはこちらをサポートしてくれる貴重な栄養素です。

逆に、カルシウム不足によって再石灰化が妨げられると、再石灰化・脱灰のバランスが崩れ、虫歯リスクが高まります。

以下のような食品から摂取することができるため、この機会に覚えておきましょう。

・乳製品(ヨーグルト、チーズなど)
・小魚
・大豆
・ひじき
・ゴマ など

〇ビタミンA

虫歯予防として積極的に摂取すべき栄養素には、脂溶性ビタミンの一種である“ビタミンA”も挙げられます。

ビタミンAは、各組織のタンパク質と結合し、それらの組織を健全に保護する働きや、抗酸化作用があることで知られています。

その他、歯の表面を覆うエナメル質を強化する効果もあるため、虫歯予防には欠かせません。

以下の食品を積極的に摂取すれば、十分にビタミンAを取り込むことができます。

・カボチャ
・ニンジン
・レバー
・卵
・ホウレンソウ など

〇ビタミンC

“ビタミンC”も、虫歯予防として積極的に摂取したい栄養素の1つです。

ビタミンCは、歯の象牙質をつくる栄養素の1つであり、カルシウムと同じく虫歯に強い歯の基礎となるものです。

その他、歯茎のコラーゲン線維を再生し、歯周病予防としても機能してくれるため、必ず意識して摂取しましょう。

以下のような食品には、ビタミンCが豊富に含まれています。

・みかん
・レモン
・ピーマン
・パセリ
・ブロッコリー など

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・カルシウムは歯の原料になる成分であり、再石灰化をサポートする機能もある

・エナメル質を強化するビタミンAも、虫歯を予防するための重要な栄養素

・ビタミンCには歯の象牙質をつくる役割がある

・ビタミンCは歯周病予防にも効果を発揮する

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。