歯科クリニックで歯石除去を行うメリットは?

歯科クリニックでは、虫歯の治療や入れ歯の作成などの他に、予防歯科という診療メニューがあります。

今回ご紹介する“歯石除去”もその一つであり、当然、実施するからには様々なメリットがあるのです。

1つずつ解説していきますので、気になる方はチェックしてみてください。

〇歯石除去の概要

歯石除去とは、歯の表面や歯根面にこびりついた歯石を取り除く施術をいいます。

歯垢(プラーク)が唾液中の成分と反応し、石灰化したものが歯石であり、こちらは表面がザラザラしている上に、歯磨きで落とすことができません。

ちなみに、歯石は口内でも唾液が出やすい部分に発生しやすく、具体的には以下の箇所に多く見られます。

・上顎の奥歯の外側
・下顎の前歯の内側 など

〇歯石除去を行うことのメリット

歯科クリニックで歯石除去を受けることのメリットには、主に以下のことが挙げられます。

・虫歯、歯周病予防になる
・口臭が軽減される
・着色汚れを防止できる

〇虫歯、歯周病予防になる

冒頭でも触れたように、歯石除去は予防歯科に含まれるものです。

具体的には、虫歯や歯周病などの症状を予防することができます。

歯石には虫歯菌や歯周病菌といった細菌が多く付着していて、こちらを放置していると歯の痛みが出たり、ブラッシング時に血が出やすくなったりする可能性も否めません。

歯石を除去すれば、このような症状にはつながりにくくなります。

〇口臭が軽減される

歯石除去を行うメリットとしては、口臭を軽減できるということも挙げられます。

歯石は細菌のかたまりである歯垢が、カルシウムなどの成分を取り込んで固まったものであり、こちらは強烈な悪臭にもつながります。

口内に歯石がとどまる時間が長くなるほど、口臭が強くなることが予想されますが、早い段階で取り除けば、それほどニオイは気になりません。

〇着色汚れを防止できる

着色汚れを防止できるというところも、歯石除去を行うメリットの1つです。

歯石の表面は通常の歯よりザラザラしているため、さまざまな汚れが付着しやすくまります。

こちらは着色汚れも例外ではなく、コーヒーや紅茶、ワインなどを飲むことにより、茶色っぽい変色が目立つ可能性が高いですが、歯石を除去すればこのような心配もありません。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・歯の表面や歯根面にこびりついた歯石を取り除く施術を“歯石除去”という

・歯石除去を行うことで、虫歯や歯周病の予防になる

・口臭を軽減できるところも、歯石除去のメリット

・歯石除去を行えば、コーヒーなどの着色汚れを防止できる

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。