歯ブラシを長期間交換しないデメリット

同じ歯ブラシを長期間使用し続ける行為は、お世辞にも良いこととは言えません。

歯ブラシは消耗品のため、1ヶ月に1回程度交換しなければ、さまざまなデメリットが生じます。

今回は、具体的にどのようなデメリットが生まれるのか、解説しましょう。

〇性能が下がる

歯ブラシを1ヶ月以上交換せずに使用すると、徐々に性能が下がってきます。

新しい歯ブラシは、毛先が立っているため、歯の間に入り込んだ食べカス、歯垢などをしっかりとかき出してくれます。

一方、使い続けた歯ブラシは、毛先が広がったり、柔らかくなったりするため、同じ時間歯磨きをしても、それほど汚れを落としてくれません。

歯間や歯と歯茎の間は、非常に複雑な構造をしているため、わずかな隙間の汚れも逃さず落とすためには、やはり新しく性能の高い歯ブラシを使用する必要があります。

〇歯にダメージを与えてしまう

古い歯ブラシを交換せずに使用し続けると、歯にダメージを与えてしまう可能性もあるため、注意しましょう。

歯の表面には、エナメル質という硬い層が存在しますが、こちらはブラッシングの圧が強すぎると傷ついてしまいます。

新しい歯ブラシであれば、適度な力で磨くだけでも汚れを落とすことができますが、古い歯ブラシは前述の通り性能が低いため、どうしても強めに磨かなければ汚れが落ちません。

つまり、古い歯ブラシを使い続ける限り、エナメル質が傷つきやすい状況も継続してしまうということです。

ちなみに、歯ブラシを使用し続け、毛先の弾力がなくなってしまうことも、歯や歯茎を痛める原因の1つです。

〇細菌が増殖する

細菌が著しく増殖するということも、歯ブラシを長期間交換しないデメリットの1つです。

歯磨きが終わった後、しっかりと毛先を洗い流しても、基本的には細菌まですべて除去することができません。

そのような細菌がついた歯ブラシを使用し続けると、少しずつ毛先の細菌は蓄積されていきます。

もちろん、細菌が増殖した歯ブラシを使い続けるということは、口内環境を悪化させ、虫歯などのリスクを高めてしまうことにもつながるため、注意しなければいけません。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・歯ブラシは消耗品のため、1ヶ月に1回は交換すべき

・歯ブラシを交換しないと、毛先が広がったり柔らかくなったりして性能が下がる

・古い歯ブラシを使い続けると、歯にダメージを与えてしまう可能性もある

・長期間使用した歯ブラシは、細菌が著しく増殖するおそれがある

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。