歯磨きをする際にえずくのを防ぐにはどうすれば良い?

歯磨きをするとき、注意していてもついえずいてしまうという方は多いかと思います。

中年の男性などが、このような現象に悩まされているイメージが強いですが、実際は年齢や性別に関係なく起こり得ることです。

ここからは、歯磨きをする際にえずくのを防ぐ方法を中心に解説しましょう。

〇歯磨きをする際にえずくのはどうして?

歯磨きの際、反射的にえずいてしまう現象は“嘔吐反射”と呼ばれるもので、こちらは歯科クリニックでの治療中などにも起こります。

通常、このような反射は喉の奥に異物が触れたときに起こるものですが、過敏な方は口内に歯ブラシなどが少しでも入ると、嗚咽のスイッチが入ってしまいます。

そして、嘔吐反射が起こる方と起こらない方の違いですが、こちらはやはり精神面の違いが一番大きいです。

過去に口内に異物が入り、えずいてしまった方や、喉を詰まらせてしまった方などは、当時のことが頭をよぎるため、どうしても嗚咽を避けることができません。

〇歯磨きをする際にえずくのを防ぐ方法

先ほど、過敏な方は少し口内に異物が入るだけでも、嗚咽のスイッチが入ってしまうという話をしました。

特に、舌に触れることで嘔吐反射が起こるという方は多いため、できる限り避けながら歯を磨くことを意識しましょう。

その他でいうと、喉の奥に異物が近づいているのを感じることで、えずいてしまうというパターンも少なくありません。

このような状況を回避するには、少しだけ顎を引き、下を向いて歯を磨くことをおすすめします。

こうすることで、多少は喉奥に歯ブラシが近づいていることを感じにくくなります。

ちなみに、歯磨き粉のニオイや泡などで異物感を感じやすく、嗚咽してしまうという方は、香料や発泡剤不使用の歯磨き粉を使用したり、水で歯を磨いたりする方法も試してみましょう。

〇歯磨きをする際にえずくのを放置してはいけない

歯磨きの際、毎回えずいてしまう方は、必然的に歯磨きを避けるようになります。

その結果、虫歯や歯周病などの症状につながりやすくなるため、対処せずに放置してはいけません。

そして、何度もえずいてしまうことは、身体に負担をかけたり、体調を悪化させたりする原因にもなるため、一度歯科クリニックに相談することをおすすめします。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・歯磨きの際にえずくのは嘔吐反射という生理現象

・歯ブラシが舌に当たるのを避けたり、顎を引いてブラッシングをしたりすれば、えずいてしまう可能性は下がる

・香料や発泡剤不使用の歯磨き粉を使用するのも効果的

・嘔吐反射を放置すると、虫歯や歯周病、体調悪化などのリスクが高まる

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。