天然成分を使用した歯磨き粉のメリット・デメリットについて

虫歯や歯周病を予防するにあたって、デンタルケア製品を吟味して選ぶことはとても重要です。

中でも慎重に選びたいのが歯磨き粉であり、こちらの配合成分や作用は製品によって異なります。

今回は、歯磨き粉選びに興味がある方に向けて、天然成分を使用した歯磨き粉のメリット・デメリットを解説しましょう。

〇天然成分を使用した歯磨き粉の概要

薬局などで販売されている一般的な歯磨き粉には、発泡剤を始めとするさまざまな化学成分が含まれています。

天然成分を使用した歯磨き粉には、これらの成分が基本的には含まれていません。

オーガニックと呼ばれる有機栽培で育てられた、天然由来成分が使用されています。

このような製品は、健康志向の方から多くの支持を集めていて、近年はその種類も著しく増加しています。

ちなみに、日本における天然成分を使用した歯磨き粉の中には、オーガニック原料とケミカル(科学)原料が混ざっているものもあります。

一般的には、少しでもオーガニック原料が含まれていれば、他の成分にケミカルやその他の成分を使用していたとしても、オーガニックとカテゴライズされるのが一般的です。

〇天然成分を使用した歯磨き粉のメリット

天然成分を使用した歯磨き粉には、基本的に研磨剤が含まれていないため、歯または歯茎を傷つける心配はありません。

そして、一般的な歯磨き粉には合成界面活性剤が含まれているものもありますが、天然成分を使用した歯磨き粉にはこちらが入っていないことも多いです。

合成界面活性剤とは、石油などを原料に作られた人工的な界面活性剤をいい、天然由来のものに比べると、使用に伴うリスクは高いとされています。

具体的には、味覚に影響が出たり、肌荒れやかぶれの原因になったりすることが考えられますが、不使用の歯磨き粉を使用すれば、このようなリスクは回避できます。

〇天然成分を使用した歯磨き粉のデメリット

天然成分を使用した歯磨き粉には、身体に害を及ぼすような成分がほとんどなく、デンタルケア製品としても素晴らしい効果を発揮してくれますが、その分金額は高めに設定されています。

1本数千円程度することも珍しくないため、なるべくコストを抑えたい方にとって、こちらの点は大きなデメリットだと言えます。

そして、天然成分を使用した歯磨き粉には、一般的な歯磨き粉に含まれている発泡剤が基本的には配合されていません。

そのため、泡立ちがなく、主に視覚的効果にはなりますが、磨き心地に物足りなさを感じることがあります。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・天然成分を使用した歯磨き粉は、基本的には化学成分不使用

・天然成分を使用した歯磨き粉には研磨剤や合成界面活性剤が含まれていないため、さまざまなリスクを回避できる

・1本が高額であり、使用中の泡立ちもないのが、天然成分を使用した歯磨き粉のデメリット

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。