マスク装着時、口臭が気になりやすくなる理由について

新型コロナウイルスの影響もあり、現在はマスクをして日常生活を送るのがスタンダードになっています。

また、中にはマスクをしているとき、自身の口臭が気になり、外にもニオイを発していないか不安だという方もいるかと思います。

今回は、マスク装着時の口臭が気になりやすい理由について解説します。

〇鼻に息が入るから

マスク装着時の口臭が気になりやすい理由としては、まず鼻に息が入ることが挙げられます。

通常、吐いた自身の息は前方に広がっていきますが、マスクをしていると内側にとどまるため、どうしても吸い込みやすくなります。

自身の吐息を至近距離で嗅いでいるような状況になるため、それほど口臭がきつくない方であっても、ニオイが気になりやすくなるというわけです。

ちなみに、このとき強烈なニオイを感じるという方は、虫歯や歯周病を発症している可能性があるため、早急に歯科クリニックを訪れなければいけません。

〇ストレスを感じるから

これまで、あまりマスクを装着せずに生活してきたという方は、ストレスを感じやすくなり、こちらが気になるほどの口臭につながっているおそれがあります。

例えば、夏場は装着することで暑さを感じやすくなりますし、その他息苦しさ、ヒモをかける耳の痛みなど、マスクにはストレスにつながりやすい要素が数多くあります。

このような状況が続くと、ストレスから交感神経が優位に働くようになり、唾液の減少から口臭がきつくなってしまいます。

唾液には自浄作用といって、口内の食べカスや雑菌を洗い流してくれる作用があるため、できる限りストレスによって減少するのは避けなければいけません。

〇口呼吸が増えるから

マスク装着時は、鼻に吐息が入りやすいという話をしましたが、中には息苦しさを解消するため、マスクの中で口呼吸をするという方もいます。

こうすれば、息苦しさは軽減され、口臭も気になりにくいと思われがちですが、口呼吸には唾液量を減少させる効果があります。

そのため、実際は口臭がきつくなり、気になってしまう可能性が高いため、注意しましょう。

もちろん、そのまま口呼吸を続けていると、マスク自体にニオイが付着してしまうおそれもあります。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・マスクをつけると鼻に息が入り、口臭を感じやすくなる

・マスクの装着にストレスを感じると、唾液量が減少して口臭につながる

・息苦しく、口呼吸が増えることも、マスク装着時の口臭が気になる理由の1つ

・口臭があまりにもきつい場合は歯科クリニックへ

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。