爪楊枝で食べカスを取り除くメリット・デメリット

食事を摂った後、爪楊枝で歯の間に挟まった食べカスを除去するという方は少なくありません。

特に、中高年の方の中には、こちらの行動が癖になっている方も多いかと思います。

ここからは、爪楊枝で食べカスを取り除くメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

〇爪楊枝で食べカスを除去するメリット

爪楊枝で食べカスを取り除くメリットは、なんといっても虫歯予防につながるという点です。

食事の後、歯の間に残ってしまった食べカスは、8時間ほど経過するとプラークに変わってしまいます。

そのため、できる限り早急に除去しなければいけないのですが、誰もが食事の後、必ずしもすぐに歯を磨けるとは限りません。

特に、仕事の昼休みに昼食を摂った後などは、すぐに食べカスを取り除くのが難しく、このような状況が続くと、プラークが形成されやすくなり、必然的に虫歯のリスクも高まります。

一方で、食後すぐに爪楊枝で食べカスを除去すれば、口内のプラークは増加しにくく、効果的な虫歯予防となります。

〇爪楊枝で食べカスを除去するデメリット

爪楊枝で食べカスを取り除けば、確かに虫歯は予防できますが、こちらの行動にはデメリットも多いです。

爪楊枝を歯間に入れる際、無理やり押し込むように力を入れてしまうと、歯茎が下がり、歯間は広がってしまいます。

歯間が広がると、当然これまでよりも食べカスが詰まりやすくなってしまうため、注意しましょう。

また、爪楊枝の先端は尖っているため、誤って歯茎を傷つけてしまうおそれがあります。

歯茎が傷つくと、血が出てきたり、痛みを伴うことによって歯磨きを避けやすくなったりすることも考えられるため、慎重に使用しなければいけません。

〇安全に食べカスを除去する方法

食後に食べカスが詰まり、なおかつすぐに歯を磨けない状況である場合は、爪楊枝ではなく、なるべく糸ようじを使用することをおすすめします。

糸ようじは、爪楊枝と比べて歯間を広げたり、歯茎を傷つけたりする心配が少ないです。

使用方法としては、左右に細かく動かしながら、歯と歯の間にゆっくり挿入します。

その後、歯茎に少し触れるくらいの箇所で、隣り合った歯それぞれの側面に沿って上下に動かせば、ほとんどの食べカスは除去できます。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・虫歯予防につながることが、爪楊枝で食べカスを取り除くメリット

・爪楊枝を使用する際、力を入れすぎると歯茎が下がり、歯間が広がるおそれがある

・爪楊枝の先が歯茎に当たることで、傷ついたり血が出たりする可能性もある

・安全に食べカスを除去するなら糸ようじを使用すべき

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。