タバコがインプラントに与えるマイナスな影響について

インプラントは、歯の失った箇所に人工の歯根を埋め込み、カバーする治療法です。

審美性が高く、なおかつ頑丈で長持ちするのが大きなメリットですが、タバコを吸っている方は、インプラント治療を受けるにあたって、良くない影響が出る可能性があります。

ここからは、こちら影響について詳しく解説したいと思います。

〇なかなか定着しない

インプラントは、人工歯根とその連結部分により、義歯をしっかりと固定することで、自身の歯と同じようにものを噛むことができます。

しかし、タバコを吸うことによって、人工歯根がうまく骨に定着せず、インプラントが失敗に終わってしまう可能性があるため、注意しましょう。

タバコの煙には、ニコチンという依存症の高い成分が含まれていますが、こちらは血管を収縮させたり、骨や組織に十分な酸素が行き渡らなくなったりする原因になるものです。

つまり、ニコチンによって骨が活動しにくくなることで、なかなかインプラントが定着しないということです。

〇感染リスクが高くなる

人間の体内には、免疫機能に大きな役割を果たす白血球というものが存在します。

しかし、タバコを吸うことによってニコチンが体内に入ると、白血球の働きは弱くなり、細菌感染のリスクが高まってしまいます。

インプラントは、歯の失った部分に人工歯根を埋め込む外科手術であるため、術後も傷口からの細菌感染には注意する必要があります。

よって、タバコが原因で白血球の働きが弱まり、免疫力も低下している方は、インプラント治療を受けるべきではありません。

〇歯肉の炎症が起こる

タバコを吸うことで血流が悪くなると、必然的に唾液量も減少します。

また、唾液には口内をキレイにしてくれる作用がありますが、タバコが原因で唾液量が減少すれば、当然こちらの作用も弱くなり、歯垢が溜まることによって、インプラント周辺における歯茎が炎症を起こしやすくなります。

また、このような炎症は、痛みにつながるだけでなく、悪化すると骨が痩せたり、インプラントが支えを失って脱落したりすることにもつながるため、注意しなければいけません。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・インプラントは歯の失った箇所に人工の歯根を埋め込み、カバーする治療法

・タバコからニコチンを摂取することにより、インプラントが定着しない場合がある

・ニコチンはインプラント治療後の細菌感染リスクを高める可能性がある

・タバコを吸うことで唾液が減ると、自浄作用が弱まり、インプラント周辺の歯茎が炎症を起こしやすくなる

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。