就寝時にマウスピースを装着するメリット・デメリット

マウスピースは、主にプラスチックでつくられた口内用の装着物であり、就寝時に装着するものは“ナイトガード”とも呼ばれます。

では、就寝時にマウスピースを装着するメリット・デメリットには、果たしてどのようなことが挙げられるのでしょうか?

興味がある方はぜひご覧ください。

〇就寝時にマウスピースを装着するメリット

就寝時、マウスピースを装着するメリットは数多くありますが、もっとも代表的なメリットとしては、やはり歯ぎしり、食いしばりによる歯の擦り減りを防ぐことが挙げられます。

寝ている間、無意識に行われるのが歯ぎしりや食いしばりであり、こちらは自身の体重の数倍もの負荷がかかると言われています。

そのため、何も対策をせずに放置していると、少しずつ歯が擦り減ったり欠けたりすることにつながりますが、マウスピースを付けていればその心配はありません。

また、就寝時にマウスピースを装着するメリットとしては、噛み合わせを調整できることも挙げられます。

噛み合わせが良くなれば、食事がしやすくなるだけでなく、頭痛や肩凝りといった弊害も改善できる可能性があります。

ちなみに、金属アレルギーでなかなか矯正治療に踏み出せなかったという方も、マウスピースであれば安全に使用できるため、おすすめです。

〇就寝時にマウスピースを装着するデメリット

マウスピースは、無意識の歯ぎしりや食いしばりから歯を守ってくれたり、嚙み合わせを良くしてくれたりする優れものですが、いくつかデメリットもあります。

まず、これまで何も付けずに眠っていた方にとっては、マウスピースの装着が大きな違和感になることが考えられます。

よって、装着している状態に慣れるまでは、少し寝づらい日々が続くかもしれません。

また、就寝中の歯ぎしりや食いしばりがひどい方は、マウスピースにより、いつもとは違う位置で歯が固定されるため、朝起きたときに顎の痛み、だるさを感じることがあります。

ちなみに、市販のマウスピースであれば、高くても数千円程度で購入できますが、オーダーメイドの矯正治療用マウスピースは、つくるのに数十万円かかるケースもあります。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・就寝時にマウスピースを装着するメリットは、歯ぎしりや食いしばりによる歯の擦り減り防止

・マウスピースをつけることで就寝中に噛み合わせも調整できる

・就寝時のマウスピース装着に伴う違和感は、慣れるまで少し時間がかかる

・矯正治療用のマウスピースは数十万円するケースもある

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。