親知らずを除去をした方が良い場合としなくても良い場合

親知らずと聞くと、必ず除去しなければいけないというイメージがあるかと思いますが、決してそのようなことはありません。

どのような状態なのかによって、取り除くべきかそうでないかは変わってきます。

ここからは、親知らずを除去をした方が良い場合と、今すぐに抜かなくても良い場合について解説します。

〇親知らずを除去した方が良い場合

口内のもっとも奥にある歯を親知らずといい、こちらは正確には智歯(ちし)と呼ばれるものです。

親知らず自体が異常な歯だというわけではありませんが、以下に当てはまる場合は、今後口内のトラブルにつながりやすいため、歯科クリニックで除去することをおすすめします。

・真っ直ぐ生えていない
・噛み合わせが悪い原因になっている
・虫歯を引き起こしている
・歯肉が腫れている
・顎関節症を引き起こしている
・頬の内側を傷つけている など

横向きに倒れたり、斜めになっていて隣り合う歯に引っ掛かったりしている場合、キレイに磨くのが難しく、親知らず付近の虫歯や歯周病リスクは高まってしまうため、除去すべきです。

また、すでに親知らずのせいで噛み合わせが悪かったり、虫歯や歯肉の炎症、顎関節症を引き起こしていたりする場合も、ひどくなる前に除去しましょう。

〇親知らずを除去しなくても良い場合

一方で、特に親知らず付近に問題がなく、かつ真上に真っ直ぐに生えている場合、急いで除去する必要はありません。

非常に稀なケースですが、親知らずの生え方が真っ直ぐであり、他の歯と同じように機能している方も存在します。

また、親知らず自体が肉眼で確認できず、骨の中に完全に埋まっているという方も、大きな口内トラブルにはつながりにくいため、無理やり引っ張り出して除去することは考えなくても良いです。

ただし、顎の骨に埋まっている状態であっても、レントゲンを撮影したとき、その周りに嚢胞が確認できる場合は、早めに歯科クリニックで除去してもらうことをおすすめします。

嚢胞は、身体の中に生じた病的な袋状のものであり、顎骨に発生するものは歯根嚢胞や含歯性嚢胞などと呼ばれるものです。

そのまま放置していると痛みが出る場合があるため、発見次第できる限り早めに取り除かなければいけません。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・”親知らず=必ず除去しなければいけない“というわけではない

・親知らずの向きが傾いていたり、噛み合わせの悪さや別の症状につながっていたりする場合は、除去した方が良い

・親知らずの生え方が真っ直ぐの場合は急いで除去しなくても良い

・顎の骨に埋まった親知らず周辺に嚢胞がある場合は早めに除去すべき

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。