状況や場所に合わせて複数の歯ブラシを使い分けよう!

歯を磨くとき、「歯ブラシは1つ用意すれば十分」と思っている方も多いかと思います。

もちろん、1つの歯ブラシでも歯を磨くことはできますが、なるべく複数の歯ブラシを使うことで、より虫歯や歯周病のリスクは少なくなります。

ここからは、状況や場所に合わせた歯ブラシの使い分けについて解説します。

〇時間帯によって複数の歯ブラシを使い分けるべき

出勤前の朝の時間帯は、バタバタしていてゆっくり歯を磨く時間がないという方も数多く存在します。

そのため、ワイドヘッドの歯ブラシがおすすめです。

こちらは、ヘッドの幅が広めのタイプであり、歯への接地面が多いため、忙しい時間帯でも短時間でしっかり汚れを落とすことができます。

また、歯茎から血が出やすい方でなければ、毛先の硬さは比較的硬めを選ぶべきです。

広い接地面と硬めの毛先で、より汚れは落ちやすくなります。

実際、朝と夜に使用する歯ブラシの使い分けを行っているという方は少なくありません。

ちなみに、夜は時間がたっぷりあるケースが多いため、小さいヘッドでなおかつ毛先が柔らかめの歯ブラシを使用することを意識しましょう。

〇磨く場所によっても複数の歯ブラシを使い分けよう

どれだけ丁寧に磨いていても、奥歯などは汚れが落ちにくいため、どうしても虫歯や歯周病のリスクは高くなります。

よって、磨きにくい場所を磨く際には、子ども用の歯ブラシを使うことをおすすめします。

子ども用の歯ブラシはサイズが小さく、大人用の歯ブラシでは落としにくい汚れも落としやすいという特徴があります。

ただし、大人用の歯ブラシと比べてハンドルの部分が短く、持ちにくさを感じる場合もあるため、そのときはドラッグストアなどで、大人用かつヘッドが極小の歯ブラシを探してみましょう。

〇自宅と勤務先でも複数の歯ブラシを使い分けるべき

自宅だけでなく、勤務先でも昼休みなどに歯を磨くという方も中にはいるかと思います。

また、勤務先で使用する歯ブラシは、なるべくお気に入りのデザインや色のものを選ぶことをおすすめします。

そうすることで、職場での気分転換につながったり、午後の仕事におけるテンションが上がったりする場合があります。

ちなみに、勤務先で使用する歯ブラシを選ぶ際には、デザインや色だけでなく、洗いやすさや携帯のしやすさなども考慮すべきです。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・状況や場所に合わせて複数の歯ブラシを使い分けるべき

・朝はワイドヘッドで毛先が硬めの歯ブラシ、夜は小さいヘッドで柔らかめの歯ブラシがおすすめ

・磨きにくい場所を磨く際は子ども用歯ブラシの使用も検討すべき

・勤務先で使用する歯ブラシはデザインや色、洗いやすさや携帯のしやすさを重視すべき

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。