お酒をたしなむ方必見!~虫歯予防効果を持つおつまみ~

お酒をたしなむにあたって、その美味しさを引き立てるおつまみは欠かせない存在です。

ただし、何も意識せずに食べていると、虫歯のリスクは一気に上昇してしまいます。

ここからは、虫歯の予防効果を持つおつまみをいくつか紹介しますので、お酒好きの方はぜひチェックしてください。

〇スルメ

虫歯の予防効果を持つおつまみとしては、まずスルメが挙げられます。

昔からおつまみとして人気の高いスルメですが、こちらは前歯で噛み切り、奥歯で咀嚼しなければいけません。

これにより、唾液の分泌が促進され、虫歯菌に負けない丈夫な歯が形成されます。

最近は、キシリトール配合のスルメなども販売されているため、気になる方は一度詳しく調べてみましょう。

ちなみに、唾液の分泌量が増加すれば、消化が良くなったり、栄養素を吸収しやすくなったりする効果もあります。

〇小魚

虫歯の予防効果を持つおつまみには、小魚も挙げられます。

虫歯になりにくい丈夫な歯をつくるには、積極的にカルシウムを摂取しなければいけません。

カタクチイワシやシラス、アジといった小魚は骨ごと食べられるため、カルシウムを豊富に摂取でき、スルメ同様、咀嚼によって唾液量を増加させる働きがあります。

ただし、小魚のみを摂取する方法では、効率的にカルシウムを吸収することができません。

タンパク質やマグネシウムなどと一緒に摂取することで、初めて効率的に吸収できます。

アーモンドなどのナッツ類は、タンパク質とマグネシウムがどちらも含まれているため、アーモンドフィッシュを食べることで、虫歯予防効果はとても大きくなります。

ぜひおつまみとして採り入れてみてください。

〇チーズ

意外かと思われる方もいるかと思いますが、チーズも虫歯予防効果を持つおつまみの1つです。

チーズはリン酸、カルシウム、ミネラルなどの成分が豊富であり、これらは歯の表面にあるエナメル質を保護し、再石灰化を助けてくれます。

ただし、チーズであればどのような種類でも良いというわけではありません。

虫歯を予防するおつまみとしてもっとも適しているのは、水分量が少なく、保存性が高いハードチーズです。

このようなタイプは、歯にまとわりつく心配が少なく、世界保健機構(WHO)にも推奨されています。

〇まとめ

今回の記事のポイントは以下になります。

・スルメを食べると咀嚼回数や唾液の分泌量が増え、歯が丈夫になる

・小魚はカルシウムが多く、ナッツ類と摂取することでより虫歯予防効果を発揮する

・チーズには歯のエナメル質を保護し、再石灰化を促す効果がある

・歯にまとわりつきにくいハードチーズは特に虫歯予防に効果的なおつまみ

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。