夜中に突然虫歯が痛み出したときの応急処置について

虫歯が痛むとき、真っ先に考えるべきは、もちろん最寄りの歯科クリニックに通院することです。

では、すでに診療受付が終了している時間に痛みが発生した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

ここからは、夜中に突然虫歯が痛み出したときの応急処置について解説します。

〇頬を冷やす

夜中に虫歯が痛み出し、どうしても耐えられないという場合は、まず頬を冷やしましょう

具体的には、頬の外側から解熱シート、冷たいタオルなどを使用して冷やすことをおすすめします。

逆に、虫歯の応急処置としてやってはいけないのが、頬を温めることです。

頬が温まると、血行が促進されて神経の圧迫、痛みの増幅につながってしまうため、注意しなければいけません。

ちなみに、とにかく冷やせば良いというわけではありませんので、ご注意ください。

例えば、氷を口に含んで冷やすといった行為は、患部に直接触れることになり、かえって痛みを大きくしてしまう危険性があるため、やめましょう。

〇痛み止めを服用する

夜中に虫歯が痛むときの応急処置としては、痛み止めの服用も挙げられます。

自宅にある痛み止めの効果をチェックし、歯痛に効くことが記載されている場合は、とりあえず服用しておきましょう。

ただし、かなり進行してしまった虫歯の場合、痛み止めの効果が発揮されないこともあるため、注意してください。

その他、痛み止めには即効性もありません。

よって、服用後効果が出るまでに時間がかかることも考えられます。

ちなみに、歯痛を抑える効果のある飲み薬には、主に以下のような商品が挙げられます。

・ロキソニン
・イブ
・タイレノール など

〇うがいをする

夜中に虫歯が痛む場合の応急処置には、うがいも挙げられます。

急に虫歯が痛み出す原因は、患部に食べカスが詰まっていることかもしれません。

このとき、本来は歯ブラシによるブラッシングで食べカスを取り除きたいところですが、そうすると虫歯の痛みが増す可能性があります。

よって、歯への刺激がもっとも少ないぬるま湯でうがいをし、少しずつ食べカスを流し出すように除去しましょう。

もちろん、強いうがいは虫歯にダメージを与えてしまうため、ゆっくりと何度も行うことが大切です。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・夜中に虫歯が痛む場合、応急処置としては頬の外側から解熱シート等で冷やすのが効果的

・自宅に痛み止めがある場合はすぐに服用すべき

・重度の虫歯には痛み止めが効かない可能性もある

・歯への刺激がぬるま湯でうがいをし、食べカスを除去するのも効果的

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。