虫歯になりやすい職業とその理由について解説します

歯磨きを怠ったり、毎日のように糖分を摂取していたりすると当然、虫歯は発症しやすくなります。

その他、“職業”によっても虫歯の発症率が変わるって、ご存知でしたか?

ここからは、虫歯になりやすい職業とその理由について、皆さんに知っていただきたいと思います。

〇勤務時間が固定されていない職業

一般的なサラリーマンや公務員などの職業は、多少のズレがあったとしても、大体朝〇時~夜〇時といったように、同じような時間帯で勤務することが多いです。

一方で、朝から晩まで仕事をすることもあれば、昼から夜中、夜勤などさまざまな時間帯で働き、勤務時間が固定されていない職業は、虫歯のリスクが高いので注意しましょう。

夜中などにも働く機会があると、どうしてもお菓子やコーヒーなどを摂取する機会は増えますし、その結果口内環境も悪化しやすくなります。

具体的には、以下のような職業が当てはまります。

・医療従事者(医師、看護師)
・介護士
・ドライバー(タクシー、トラック) など

〇休みを取得しにくい職業

虫歯になりやすい職業としては、休みを取得しにくい職業も挙げられます。

なかなか休みが取得できない場合、疲労は蓄積していきますし、ついイライラしてしまうケースも少なくありません。

これらの負担は、歯の健康にも悪影響を及ぼしますし、休みが少なければ、歯科クリニックに通う時間も確保できなくなります。

ちなみに、一般的に休みを取得しにくいとされているのは、以下のシフト制になっている職業や、専門職などです。

・コンビニスタッフ
・飲食店スタッフ
・美容系の職業(美容師、エステティシャンなど)
・システムエンジニア など

〇シェフ

レストランなどのシェフは、非常に虫歯になりやすい職業であるため、従事する方は注意しなければいけません。

繁盛店のシェフは、一日中ほぼひたすら調理をし続けることも少なくありません。

もちろん、調理中には味見も行うため、口内は常に汚れが付着している状態であり、虫歯菌が好む環境になっています。

ちなみに、レストランだけでなく、パティスリーで働くシェフ、いわゆるパティシエも、極めて虫歯のリスクが高い職業です。

パティスリーでは多くの砂糖が使用されるため、味見による虫歯リスクはさらに高まってしまいます。

〇この記事のおさらい

今回の記事のポイントは以下になります。

・勤務時間が固定されていない職業は虫歯になりやすい

・休みを取得しにくいシフト制の職業、専門職なども、虫歯のリスクが高い

・シェフは虫歯になりやすい代表的な職業

・砂糖を取り扱うことの多いパティシエは特に虫歯リスクが高い

以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

新潟市西区周辺や「新潟大学前駅」付近で歯科クリニック(歯医者さん)をお探しの方は、是非、新潟西歯科クリニックへお問い合わせ下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。